欠席が当たり前になってきたこと、経済的に無理な高校を目指すこと

娘の一挙一動に振り回される日々

バレンタインは、当日登校できなかったからもらえたのは2


用意した分は配れたようだ

とりあえず、よかった

しかし、去年の方がまだ、楽しそうじゃなかった?


全日制の私立高校の内申書書いてもらうようお願いしてきたと


そこ、最初の1年分すら貯金ないよ?

どうしても行きたいなら

いくら必要なのか、どうやって調達すればよいのか考えてみて


cropNIS1021011 2.jpg

〇〇ちゃん、高校どうするの?

YouTuberにでもなったら?


末っ子が追い討ち


ウチ、真剣に考えるんだから、そーやって気軽に言わないでくれる?


そこから、夕ご飯は無言

娘はいつもならリビングで過ごすが、

早々に自分の部屋にひっこむ


娘の思考回路はいつもとっちらかって

グルグルしていて


私が何を言っても、誰が何を言っても、基本、戦闘態勢


ここにきて、論理的思考が少しでもできれば


放任と見守りの違い


最低限のことは伝える

本人を信頼する

その上で本人の好きにさせる


わたしがどこまで先回りしてよいものか

通信制の高校の説明会の日程を伝えるか伝えないか

他に全日制で今からでも入れそうなところを探すか


何をしても、娘は不機嫌になるだろう


こわいのは、絶望して

もう中学も高校も行かないって引きこもることなんだけど


でも、お金がないものはない


案の定それからまた学校行かないし


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

"欠席が当たり前になってきたこと、経済的に無理な高校を目指すこと"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。