メンタルの不調が薬でなおるのか 娘の不調はパパの遺伝なのか

精神科医Tomy先生が気になり、著作を読んだ

メンタルの不調は、現在は脳の機能異常からくるものという考え方が主流になり、薬物療法が中心とのこと




その上で、患者さんたちにかける言葉をいつも考えて
〈1秒で不安が吹き飛ぶ言葉〉など本にまとめてくれたのは素晴らしい


精神科の先生に相談してものれんに腕押し、な感覚はあって

つい、こんな言葉たちを期待してしまうけれども、それは、専門外なのだ

元夫は結婚当初からウツ病の薬を常用しており、私も何度か一緒に通院した


元夫と娘のメンタルの不調も、単純に脳の異常であって、薬を飲んだら解決するものであれば単純なんだけどな

元夫はパニック障害とか、ウツと診断されるような状態のときもあるが、

離婚後、娘の不登校がはじまったあたりから、元夫と関わり始めたら、娘より元夫対応が数倍大変になった

私一人で元夫のかかりつけの精神科の先生のところに話を聞きにいった
元夫は病気というよりは〈認知のゆがみ〉とのことだった

これを根拠に、元夫はオレは病気じゃない、と言い張っている

いい大人が、子供が3人もいるのに、何年も仕事も家事も育児もしないで、家で文句を言い続けてる
社会生活ができないのに、これが病気といえないのか?

〈認知のゆがみ〉は薬で治るのか?

元夫は薬のせいで俺は具合が悪い
だから仕事も家事も育児もできない
全部お前がやらなければならない
お前がオレの面倒も見なければならない
オレのことを怒るお前は悪魔だ
すべては薬(と、元妻❔)のせいだ、と信じきっている

薬も処方された通りには飲まない

具合の悪さを強調し、
子供の前でもオレは死ぬとくり返し、治そうという気持ちがない
同情をひくために、さらに悪くなろうとしているようにも見える

すべてを薬と自分に関わる人のせいにして、みんなを巻き込んで呪うだけ

薬でなんとかなるものならいいのに

娘にもこれが遺伝しているのか?
娘にはちゃんと前向きな気持ちがあるが

異常に疲れやすく、
些細なことで不安定になり、ふてくされ、反抗して
自分でコントロールがきかない

朝起きて学校に行くって
みんな普通にしてること
毎回気合いをいれないとできないなんて

不登校のごく初期のころ、元夫のかかりつけの先生に、娘も何度かみてもらった
病名がつくほどではない、薬を処方するほどではない、とのことだった

長男は、中学生らしい生活をしていた
ほぼ毎日朝練に行き、
授業受けて部活して塾に行ってた

みんなそれぞれにストレスはあるだろうけれども、とりあえず毎日学校には行くよね?大多数の子たちは


元夫も娘も、ごく普通、の生活ができない

遺伝なのか?
病気ではないのか?
薬で、治るのか?





"メンタルの不調が薬でなおるのか 娘の不調はパパの遺伝なのか"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。