おばあちゃんちに行ったものの その2

日付が変わるころになってもムスメからラインが続く

早く帰りたい、今すぐ迎えにきて

無理、ママ高速運転できないもん
軽だから余計こわいし

ごめんね、おじいちゃんに怒られたんだね
おじいちゃん全然わかってないよね
本当は優しくてまじめで頭がいい子なのにね
頑張りすぎてちょっと疲れちゃったんだよね
ママからも言っておくからね
本当はいい子なんだから

ムスメ何も言わず、泣いている

ようやくパパが起きたらしく電話

ムスメが今すぐ帰りたいって
車で迎えにこいっていうから車をかしてくれ

なんで、ベコベコの軽だよ
事故ったら死ぬよ

オレの車は金がないからスタッドレスのままでタイヤツルツルだから無理

お前の車を貸してくれ
高速料金もくれ

あなたの分まで保険入ってないよ

だから入れっていったじゃないか
何で入らないんだよ

だって一緒に生活したくないもん

じゃ、オレだって末っ子の送迎しないからな
お前が全部やれよ

むこうの家に連絡しろよ

もうみんな寝ちゃって誰も出ないよ
ムスメにも行けないって説明したよ

今度は明日の朝迎えにこいって言うんだよ
電車乗らないぞ

私の軽は無理
保険入ってないままどうするの

おじいさんの車借りたら?
貸してくれないよ

私からお願いするから
オレ明日も作業所行かなきゃいけないし


後で聞いた話によるとムスメがあきらめて寝ていたところに
パパからどんどんラインがきたらしい

結局、良く寝て、映画みせてもらって、夕方一人で電車に乗って夜帰宅