娘の帰省 幼なじみとデート?過密スケジュールをこなし、友達家族に制服姿をみせてきたこと

夏休みの振り返り

娘は夏休み最後の2週間だけ帰省
それまでは、部活の合宿で寮生活を続けた

帰省中は、朝も昼も夜も寝てばかりで心配した

一日だけ、地元の友達と出かける予定だったのがダメになってしまい
前日夜になって、他の子、、
幼なじみの男の子に白羽の矢が

親同士、勝手に盛り上がる
デートかな?
そんな感じじゃないかも、、

娘にしては早起きして出かけたけど
いつものショートパンツじゃなくて
長ズボン、、
一応男の子だからガードのつもりか?

案の定午後早めにさっさと帰ってきていた
デートじゃなかったみたいだ
親同士、早速報告しあう 笑

娘が友達と出かけるなんて、
不登校になってからは一年に一度あるかどうか

行けてよかった

メンタルクリニックに行った日は
役場の手続きや、耳鼻科にも
さらに途中でショッピングモールに寄り
学習室で勉強もしてきた
PP_ikkasyonikatamattamituba_TP_V4-f3529.jpg
今までだったら、一日に一つの用事で精一杯

娘の場合、まず午前中に予定をいれることが、かなりリスキーで、
本当に起きるのかハラハラした

しかし一日で、娘にしては超過密な予定を
すべてクリア
ご機嫌も上々

元気になったんだと感じた

残りの日々はずーっと寝ていたが!

私の休みの日、私も末っ子も一緒に
友達家族に制服姿を見せてきた
私服で帰省だったが、制服を持って帰ってきていた
その家の子供たち一人ずつにお土産も用意していた

長男が制服姿をわざわざ、友達に自慢しに行ったり、写真とってもらったりして
家にも制服の写真を飾っている

娘も同じように写真をとりたかったらしい

その友達家族の父母も、娘が元気そうでよかったと喜んでくれた

帰省中の二週間で出かけたのは、この3日くらいだったが、なかなか濃かったのではないか

長男は帰省中、とにかく遊びたかったようだが、コロナで思うように出かけられずかわいそうだった
家ではパパに絡まれるし

娘は、家でゆっくりできて満足だったようだ


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

この記事へのコメント