ようやく、不登校について腑に落ちてきたような気がすること、子供優先に切り替えたこと

娘が荒れて学校に行かなくなったとき
私は何が起こったのか
全然わからなかった
kakurerukijishironeko171027_TP_V4.jpg
いつも明るく朗らかで
何事もそつなくこなし
まんべんなく友達付き合いして
困ってる子の面倒もよくみていた娘が
不登校になんてなるわけないと思った

スクールカウンセラーさんのところに初めて行ったとき
娘は絶対行かないというので、
私一人だったんだけど
問診票に、娘の性格について記入する欄に
私は記入しなかった
指摘されて、だって不登校になるような性格の子じゃありませんから、と答えてしまった
今思い出しても恥ずかしい

一時的な反抗期かと
2.3日すればおさまるかと思ってた
中学には行くと思ってた
フリースクールには通うだろうと思った
転校すれば普通の子に戻ると思った


結局、波はあったが、ロクに学校に行かず
勉強せず、運動せず、家事もせず、習い事もやめて
死んだ魚の目で一日スマホ動画を眺めるだけ

ママはウチが生まれた時から
ウチに嫌がらせしかしない
ママなんかいらない、死ねと
私とは目も合わさずスマホを見つめて完全無視で
リストカットを繰り返し

結局、中学時代は完全スマホ依存で終わった
小さい頃からの友達とも遊ばず
転校先でも馴染めず
五月雨登校がやっと

何で急にそうなったのか
それが3年以上も続いたのか
(今もまだヒヤヒヤ)
未だによくわからないけど

不登校になりやすい性格や家庭環境には
ドンピシャで当てはまる

そして、不登校について
何言われても頭に入らなかったのが、
ようやく少し腑に落ちてきた気がする

カオス真最中のときはわからなかったけど
今、心に染みるブログ

この子、うちの娘そのものだ。

そして、ランさん、神!

〈そんな娘さんを、
受け止めてあげられるのは
お母さんだけなんですよ〉


引用
不登校から脱出したランのブログ より

不登校★学校には行かない!荒れた娘、どうすればいい?

https://ameblo.jp/naomi24yuika/entry-12592799642.html?frm=theme


こんなに反抗しまくっても結局は
母である私にわかってほしかった 
認めてほしかった
愛してほしかった
もっとこっち見て!!

私としては、放任ではあったけど
私なりに娘の幸せを思っていたつもりだった

それが、全然伝わってなかったんだな

だからといって、こんなに心配して
自分なりに娘のことを一生懸命に考えて行動してるのに
死ね、いらない、全部ママのせいだ、とか言われると、
そんなこと言わないで😢大好きよ💕なんて
なかなか思えないんだよな

ママ、ウチがこんなになってから変わったよね、と

どう変わったと言われたのか忘れてしまったけど

それまでフルタイム勤務で、
なるべく休まないようにしていたのを

仕事を時短にして
娘の行事や学校見学や相談、その他
有給をとりまくった

ついでに、末っ子の行事もフル参加

それだけでも大きな変化だったと思う


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

この記事へのコメント