不登校生の年末年始と、ママへの手紙

予定ほぼ全拒否の年末年始

地元の友達にも、最後に会ったのはいつか、思い出せない

夏休み、じゃないかな?

少し連絡をとりあったようだが
冬休み中も会わず

お正月は、私と末っ子は私の実家に

大晦日は、長男、娘、パパ、おじいさんで寿司を食べに行ったらしい

パパとおじいさんは天敵なのだ
よく一緒に行ったな

たくさん食べたそう

超小食なムスメだが、最近人並みに食べている
顔が丸くなってきている

メガネとコンタクトを作りに、ようやく、一日だけ私と末っ子と外出
待ち時間は、ずっとスマホでゲーム
末っ子が何度か行方不明になり、娘と私と二人で探しまくった

冬休みだけど、だいたい10時には起きてきている

それでも早い、と思う

片付けをしていたら、娘が小学校低学年のときに、授業で書いた手紙が出てくる

ママ、おつかれさま
ママは家事も赤ちゃんのお世話も大変だね(末っ子が小さかった)
うちもお母さんになりたいよ

不登校になってからは
ママはウチが生まれたときからウチに嫌がらせしかしない
全部全部ママのせいだ
私に当たり散らすことしかしないけれども

卒業式のときの母への手紙は書かなかったけれども

こんなときもあったんだね(涙)
おつかれさまとかねぎらってくれるのね(涙)

末っ子も、今はママ大好き❤だけど
そのうち姉のように
ママはオレに嫌がらせしかしなかったとか言い出すのかな、、

報われないよね、母仕事(涙)

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ