放任主義

娘の状態が、そして私との関係がどうしようもないときは、
寮にいれるか、スピリチュアルに頼るしかない!とか
よく思うのだけど

今のところ、このブログに書くこと
誰彼構わずつかまえてボヤくこと(超メイワク!)
で、何とか生き延びている

娘もかわいくない態度だけど、結局私しか話相手がいないんじゃんか!

子供のことばっかり考えてるより、趣味や仕事、自分の世界がある母の方がカッコいいと
信じていたのだけど

娘のメンヘラに直面して、考えを改める

今は子供たちを一番に考えようと思う

から、昨日は忘年会に行かなかったよ!

音楽チームも今年は出ない

収入は減ってしまうけど(子育てにお金もいるんだけど)時短勤務にしたんだよ!

子供たちとの時間をなるべく捻出しよう

末っ子を猫かわいがりしている私をみて長男は
そんなに甘やかさない方がいいよ

オレ放任されてきたから、こんなにしっかりして何でもできるようになった
自画自賛していた

末っ子はかわいいからいいの😍

長男は私の目からみても、しっかりしているように見える

もしかしたら私の理想に合わせて演技してくれているだけかもしれない
そして、娘のように、ポッキリ心折れる日がくるのかもしれない
わからない


あんたの妹も同じように放任してきたんだけど
何もできなくなっちゃったでしょ

だから、放任してきたこと、反省してるの

反省してるのは
特に、私がフルタイムでパパが家にいた3年間ほど

家にいるのはパパなんだから、子供のことはパパにやってほしかった
子供たちの習い事の送迎、役員仕事、宿題をみたり、
病院に連れていったり、子供のスケジュール確認して、必要なもの、書類そろえたり

パパは、それをしなかった
役員を引き受けたとき、私がいくら帰るのが遅くても、全部私にやらせた
クリスマスプレゼントを用意するのも絶対してくれなかった

役員仕事もプレゼントも病院も、どうしてものことは私がしたけれども、
できるだけ、手を出さなかった


イコール、子供は放ったらかしだったのだ
パパは結局、授業参観とか、子供たちの平日の行事も出なかった
子供たちが放課後誰と遊んでいるのか、
宿題はしているのか(兄は全くやらず、妹は完璧にやっていたらしい)
どんな種類のゲームをどのくらいやっているのか
全く把握していなかった

今も上二人はネットもゲームも無制限だな💦

で、離婚してからもやっぱり私はフルタイムで、
末っ子が保育園生でまだ手がかかって
娘はノーマークだった

送迎など知り合い総動員でお世話になり
色んな人にかわいがってもらえるなら
いいなと思っていたのだけど
やっぱり私がやらなくちゃいけなかったんだ


娘は、そのことをとても根にもっている
ママが、あまり役員をやらなかった
学校行事にもほとんどきてくれなかった
勉強できて当然だと思ってた

そのときは言わなかったのに
不登校になってから責められた

パパに期待しないで、全部私がやればよかったんだね
もっともっと早く離婚しなくちゃいけなかったんだな

シングルとなった今では
経済的にかなりつらいのだけど、
あんまり放任しすぎないように、がんばる



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ