固い殻と溶けた脳みそ

授業参観
ダンスと合唱

身体感覚のとらえ方、
プロを呼んだ発声方法
とてもとても良い授業だった

不登校がはじまってから、
娘がYouTubeを見続ける以外にときどきやること
K-POP のダンスと、歌、時々化粧
歌は、口ずさむんじゃなくて、思いっきり大声出してる

ダンスも合唱も好きで得意分野なはずなんだけど

授業参観では、恥ずかしい気持ちが前面に出すぎてぎこちなかった
声もほとんど出さない
クラシック風にラーラーとか、
おなかを膨らませるとか、やってられるか!という感じ

何ともったいない

娘がダンスしてる姿を動画でみせたところ、え、うち、こんなに動き小さいんだ、自分ではそんなつもりなかったんだけどなー、と。

他のクラス、他の教科についても、丁寧な資料が配られた。面白そう
この学校は、勉強の目標を受験やテストとしない、本当の学びをということで
思春期の子供たちの興味をそそる、新しい視点が開拓できような内容をよく練って考えてくれている
それでもやる気が出ない子は、無理してやらなくてもよい

固ーい殻に閉じこもった娘は、無理してやらない派。もったいない。

娘は、勉強は受験のためにするものであって、それ以外の勉強は無駄だと、この学校を非難するが

そのテストや受験勉強ができないからこの学校にきたんでしょうが。

障害とよぶレベルではないようだけど、不登校になった小6三学期を境に全く勉強ができなくなった。
YouTubeの見過ぎで脳みそ溶けちゃったんだと思う
脳みそが溶けたのが先で、学校行かないで一日YouTubeみるしかなくなってしまったのかもしれない

やらない自由もあるこの学校で少しずつ癒されることを期待
とりあえず学校に行ってくれ

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ