英才教育?

土曜は、学校に行くつもりだったようだが、
アラームを消して寝てしまったそう。
そのまま昼まで寝ていた。

地元のイベントに、娘の友達も何人かきていたので呼んだが、こない。

不登校がはじまってからは、基本的に、どこにも顔を出さなくなった。
たま-に顔を出しても、目に見えてわかるくらい、ガッチガチ

親しい友達、だったはずなのに
今でもそう思っているはずなのに
どこをどう間違えたのか、もうダメ

日曜も、イベントに誘われていたのだけど、行かなかった。

毎日学校に行くから疲れるんだって
行ってないじゃん

兄も含めて普通の中学生は部活と勉強と、塾や習い事、ずっとハードに頑張っているのに

不登校になってから全体的にエネルギー不足

すぐキレるのは、キレるだけエネルギーがあるということで、
全くのエネルギー不足よりは、マシなのかもしれない

IMG_5372.JPG

日曜も昼まで寝ていた。
ようやく起きてから珍しく勉強をしていた。
1時間もしたけど、終わらない、と。

この子にとっては、家で1時間勉強をする、というのが
とてつもなく大変なことらしい

毎日学校に行く、ということも、イベントに行くことも。

少し前、幼稚園の子が、早起きしてひらがなの勉強をさせられたり
なかなかご飯がもらえなかったりして亡くなった話になり

ママもウチにずっとそうやって虐待してきたよね、だって。
誰がお金払ってるんだ、とか言ってね、と
ママは、ウチが生まれてからウチに嫌がらせすることしか考えていない、そうだ。

この被害妄想は何なんだろう?

娘の中ではウチは厳しく英才教育をされてダメになった、ことになっている。
だから、子供に無理に勉強をさせるのはよくない、というのが持論。

兄のついでに、年中の秋~小1まで、国語だけ、公文に通っただけだし、
教材も年相応で、たいして進まなかった。
兄は盛大に嫌がっていたけれど、娘は騒ぎはしなかった。

私は厳しい教育ママということになっているが、
どちらかといえば放任

私がフルタイムだったし、弟が小さかったしで、
長男も娘め小学生になってから宿題とか時間割とか
私は完全にノータッチだった
テストの点もみてない
お弁当の日は、娘がだいたい自分で作っていた

放任されすぎて寂しかったんだろうと、それは反省している
無職のパパに家事育児を期待してしまったのもいけなかった
パパは株に夢中で、一日PCにはりついて信じられない程子供たちは放ったらかしだった
それで、何百万も損を重ね
授業参観をはじめ、学校や地域の行事にも出てくれなかった
習い事の送迎もしてくれなかった

最初から私が全部やらないといけなかったんだな

決して教育ママではなかったと思うよ?


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ