ひきこもりと家族

ひきこもりの痛ましい事件がつづく

他人ごとじゃない

息子の方がお世話になっている
経験豊富な中学の先生は一言

外部でサポートしてくれている人はいる?と
家族で抱え込まないこと、が、一番大事だと

不登校からひきこもりになって、
何十年も経過してしまうことは珍しくないそうだ

学校に行かなくても、それはそれでいい
外部とつながりがあるのなら

つながりがなくなるのが、一番こわい
希望を見失って、自暴自棄になって
ゲームやスマホやリストカットに逃げる
家庭内で暴言暴力
家族がそれを人に相談できなくて抱え込んでしまったら


家族は大切だけどすべてじゃない、
家族だからって
見下して依存してワガママ放題だったり
そんな態度をを許してしまうのは間違ってる
そうパパに散々主張してきたけど、
お前が間違ってる、の一点張りだった

落ちるところまで落ちたら
底についたら、あとは上がるだけ、と思うんだけど
一生沈み続ける人がいる
B2385DEC-3300-4F42-A977-C3B85963296B.jpeg
人を恨んで見下して依存して支配しようとする
自力で上がるつもりのないパパには心底うんざりだけれども
怒りながらも居場所を、仕事を与えてくれている作業所のNさんのおかげで
何とかひきこもりにならないでいるパパ

娘は自力でがんばりはじめている
パパみたいに精神的に親に依存しすぎないよう
(お母さんが亡くなって作業所のNさんにかわりをしてもらっている)
外で沢山の素敵な人たちと出会えたらよいなと思う


日本の殺人事件の半数は、夫婦や親子間だそう
私も何度もパパに殺されるかと思った
今でもこわい