不登校セラピー 新井てるかず レビュー

kindle版が100円だったから、数ヶ月前に何気なく買った本。
メルアド登録をしたので1週間に1回くらいのペースで、メルマガが届いている。
具体的な事例を出しながら、子供がどのように考えているのか、どうやって子供に対応すべきか、
読者にクイズを出しながら、わかりやすく解説してくれる。


『不登校問題は、親が安心を正しく与え、「見捨てられ不安」を打ち消すことで、ほとんどのケースで根本的に解決します。』

新井てるかずさんの言う「見捨てられ不安」とは、

「役立たずと思われているんじゃないか。 私では、あなたの役に立てないのではないか」という不安、だそう

fullsizeoutput_7de.jpeg
「10の言葉がけと接し方」はプリントアウトして、何度も読んでいる。が、すぐ忘れちゃうなー

改めて見返すと、この中で私ができていないのは

1「否定・反論・アドバイスは一切しないでください。」

2「敬意を持つ」

「あなたが敬意を持って接すれば、お子様も敬意を持ってくれます」

3「家族の和を作る」

これは最大の理由にして最大の悩みどころ パパの調子にぶんぶん振り回される
来月から時短+自宅勤務ができそうなので、できるだけパパを切り離したい、
最終的には、半年に1回くらいの面会でよしとしたい

4「愚痴や他人の悪口、批判非難を言わない」

パパの愚痴を昔から娘に言いまくっていた、気をつけます。

5「お子様の前でカネの話をしない、お金のことを言わない。」「カネのことより、人間らしさ、心と優しさを優先させる」

これはパパがしつこくて、本当に本当にまいっている。


今さらながらHPをチェックしたら、何これ不登校のこと全部書いてあるじゃん!!

「不登校の原因が親の場合」

「親か祖父母の人格障害、精神疾患」 正にこれだな

「胎児期ストレス」も入っている

娘がおなかにいたとき、父親と義父母のストレスや怒りでいっぱいだったからなー
最悪の胎教だったのに、よくこんなに良い子になってくれたな、と思ってたけど、その影響が今頃でてきたんだ

こんなこと無料で書いちゃっていいのかな、改めてじっくり読ませて頂きます

今書きながら気づいたことは、
親に精神疾患がある場合の子供のケアについて研究しなくてはならない、ということだ。