パパが病気なんだ

ムスメとパパとお世話になっている精神科の先生のところに相談に行く

専門用語ばかりで半分も理解できないけれど
ムスメは健康
パパはやっぱりまずい

日々の先生との面談の様子、
ムスメから先生への手紙、絵
そして、私から先生への手紙まで
丁寧にPCで打ち直して解釈が加えられている

やっぱり、パパがひどいのだ
障害者認定できるほどの病気でもあるのだけど
一時的なものではなくて、元々の性格や考え方が、やっぱり、ひどいのだ

パパは、オレは変わった
お前が変わろうとしない
お前がムスメをおかしくしたんだ
それを認めろよ、としつこい

毎日のように攻撃してくるので、つい、そうかな、と考えてしまう。
そんな面もあるとは思う
私も確かに完璧な人間ではない

けれども。

パパほどには人に迷惑はかけていない
パパほどには生きるのがつらくない
というか、基本的に、楽しい

パパが、病気なんだ

同じ土俵で戦おうとするからいけなかったんだ
言うことを真に受けて、本気で議論しようとして、上手くいかない
怒りと無力感

パパは、病気なんだ

私は私で凛としていればいいんだ