夜中の3時までグダグダのパパ

つきあってやっぱり徒労感しかない

夜中の3時


仲良くしようよ、と言いながら攻撃を続ける

お前がきれているところを録音してみんなに聞いてもらう、と、携帯で音声をとりながら3時間話す


結局、自分が仕事したくないから、結婚して金をくれ、それだけだ

仕事したくない、とは言わない

薬の副作用のせいで具合が悪いからできない、と言う


精神科の先生は、それは薬の副作用ではなくて気分障害の症状、つまり、責任を持ちたくない、周りに甘えて生きたいから

本人にどうしても必要で現れる症状だ、と言っている


パパは、それは耳にいれず、先生のところには行かなくなりそうだ

おれは病気じゃないしって

精神病の人は自分が精神病だってわからないって、自分で言ってたじゃん

薬の副作用と断定してくれる先生を探し続けるのだろう


話しても話しても、足のひっぱりあい、というか、足を全力でひっぱられるからいやなんだ

私はとても疲れていて、しかも妹が泊まりにきていて早く寝たかったのに


どうしようもない攻撃に3時間さらされて、まともに相手をしてしまった


ムスメがお前のこと死ねばいいって言ってたぞ

ご機嫌とらないといけないから口きいてるだけって

このごろムスメがどんどん悪くなっているのがわからないか

お前が怒らないからだ ワガママになっている

お前のせいでムスメがこんなになったことがまだわからないのか

悪かったって認めろよ!


仲良くしようっていいながら、敵なんだよね、あなたは

協力して育児できない

いつも横で私のダメだしをするだけで

味方にはなってくれないんだよね


私だってムスメのために色々頑張ってるのに、何もみてくれない

足をひっぱることしか考えてないんじゃん


とりあわないのが一番なんだ

私は子供が起きるから朝6時には起きる

パパは昼過ぎまで寝ているだろう


足がしびれる、頭が痛い、いつまでも、もしかしたら死ぬまでずっとそれを免罪符にして

仕事をせず、家事も育児もイヤイヤ最低限こなしていばって、人を攻撃して、お金は全部巻き上げるのだろう


私はこんなパパと関わり合いを持つのがいやだ

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ