不登校の原因 家族関係

学校に行きたくないとも言わない

頭が痛いとか言わない

何も言わず、朝はイライラして寝たふりを続ける


制服が嫌だとか
部活用品がそろってないだとか
理由をつけてはいるけれども


何が原因なのか誰にもわからない


ただ言えるのは、めちゃくちゃに自己評価が下がっていること


機嫌のよいときやキレたときに
ポツポツと話す


普通の家庭じゃないから
せめて勉強ができる子でいたかった

楽しいことがあるなら朝起きれるんだよね


原因探しすることに意味はない
一人を悪者と決めつけたところで、どうにかなるものではない、


原因が家族にあることは間違いないけれども
誰か一人が悪いということじゃなくて
家族全体の構造や、親の育った家庭環境や
複雑に絡み合う


父が父らしく、母は母らしく、子供は子供らしく
その関係性が崩れるのも問題らしい


まさに、うち


パパはどこまでも義父母の子供であって
子供たちの父の役割も
私の夫の役割もしてくれない


末っ子を育てるのはムスメと二人三脚だった
グチを言う相手もムスメだった


ナマケモノで自己中で文句ばっかりなパパより
ずっと優秀で良くできた子だったから

娘は子供らしさをおさえていた分を今、取り戻そうとしているのだろう