5月10日 木 移動教室 スマホのルール

昨日約束した通り6時だよと声をかける

薄く目を開けてのびをしてまた目をつむる


不登校の日は、のびはしない

少し期待


我慢して6時半にまた声をかける

起きない


長男とごはんを食べる


唐突に起きてくる娘


ボーイスカウトの人間関係のこと

面白おかしくいつまでも話す


機嫌よく、筆記用具コレクションを出しながら一つ一つ説明する


ビリギャルの坪田先生の話

本読んで聞かせると、えー、人生変えちゃうね

うちもその塾通える?


お、前向き


でも最近寝ても寝ても眠いんだよねー


いつもこんな感じならいいのに


出る直前に制服に着替えながらおなか痛いと言う

あなたが行ったらみんな喜ぶから頑張って


夕方家の電話から着信

スマホ中学に忘れたからまだ兄に持たせて


中学に電話する

スマホなんてなくなっちゃえばいいのに



人身事故で、私の帰宅21時前に

娘中学のジャージを着たまま

ストーブの前 やたらとねじれた格好のまま動画を見つめている


テニスの道具がないから部活に行けないと繰り返す

学校にすら行くつもりがないくせに


ねじれた格好は、パパがPCで孤独死の特集とか繰り返しみて、自らを絶望に追い込む姿と同じだ


朝から夜中までずっとスマホみて昼過ぎまで寝る生活

今はそっとして様子を見ろというパパに腹がたつ

脳みそがどんどん溶けていっているだろう


まだ数回しか着たことのない制服

自分でハンガーにかけたことがない


クシャクシャにかばんにつっこまれているか、脱ぎ捨てられているか


次にいつ着るか想像もつかないので

仕方なく私がかける


お菓子の袋のゴミや脱ぎ捨てた服があちこちに散らばって


この部屋は病んでいて

この子は病んでいる


スマホのルールを決めようよ


俺は様子をみたい

お前やってみろよ

また暴れるぞ


だからルールにしたいの

私だけ頑張るんじゃなくて

家庭のルールにしたいの


学校にも行かないで昼起きてきて夜中までスマホみて、お風呂も入らないでっておかしいでしょ?


だからお前やってみろよ


あなたにも協力してほしいの


俺は無理だと思う


猛烈に腹が立つ


スマホは22時までにして!

ちゃんとお風呂入ってよ!


無視

22時までって言ったでしょ

取り上げる


娘、泣いて探す


見つけて、泣きながらまたYou Tube



お前なにやってんだよ!


だから学校も行かないで1日中、夜中までスマホみさせるのいやなんだってば!


お前、娘の気持ちわからないのか!

こんなにさせたのは俺たちだぞ!


また部屋で手首切ってるぞ

かわいそうだと思わないのか!


明日学校に行く準備してたのにお前のせいで行かないぞーこりゃ


だから!

スマホのルールを作りたいっていってるじゃん


今の状態じゃ無理だよ


どこまでも平行線